現実に薄毛や異常な抜け毛に悩む女性の例を、毛髪分析の結果を踏まえて説明いたします。

40歳女性 既婚

| コメント(0) | トラックバック(0)

お住まい:ひとり暮らし
髪が抜けはじめたのは:14年ほど前
どの部分が抜けている:頭頂部、後頭部、前頭部
体調に関して:疲労感がある、肩こりがある、冷え症、偏頭痛、眼精疲労、
睡眠:規則的(23:00~7:00)
喫煙:吸わない アルコール:飲む
入浴:シャワー

【抜けはじめの頃の状況】
抜け毛に気づいたのは26歳のときで、1日中パソコンをしていた。
ストレスの大い仕事についていた頃で暴飲暴食を繰り返していた。
元々よい髪質だったのだがひとり暮らしになってから栄養バランスが悪く
なり、髪が悪くなった気がする。
食事や睡眠時間も不規則で、外食も多く生活習慣の変化がありました。

【現在の状況】
髪はかなり薄くなっていて頭皮が透けて見えています。
髪はとても細く、コシがなく産毛のような細さの髪もあります。
頭皮にカユミや傷みがあり、先日皮膚科でリドメックスローションとかルプラ
ニン液、それからセファランチン錠を処方されました。
つけてみましたが、かえって傷みが増しました。
先生のテキストを読んで、栄養不足、冷えなどあてはまるものばかりで、これ
以上抜け毛が増えることなく、頭皮の状態を改善し、髪が成長できる環境に
なるようご指導をよろしくお願いいたします。

【毛根分析による結果】
毛髪および毛根による分析の結果、〇〇様の脱毛要因は「神経性」「薬害」
の傾向が強いようです。
双方の要因とも、その傾向がかなり強く出ておりますので回復には時間を要
すと思いますが、髪の毛だけのことだけでなく身体全体にも影響することでも
あるので、医薬品に頼ることなく「睡眠」「食事」「運動」「入浴」などの生活改
善を中心とした方法で少しでも健康な髪が成長できる環境を作ることが大切
です。

ご本人の毛根画像

3.jpg 
4.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://iikami.her.jp/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、masaburoが2012年4月23日 12:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「35歳 既婚女性」です。

次のブログ記事は「40歳女性 独身」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。